宗像の里山を再生し、すべての基盤となる水源を次世代へ。 今、それぞれができることを・・・

4月9日(日曜日)
お蔭様で当会管理竹林の筍収穫イベントは早々に予約満杯となり、
当日は晴天に恵まれ、ご家族やご夫婦連れなど多くのご参加をいただき
盛況のうちに事故やケガもなく無事終了いたしました。

①ユリックス、パットゴルフ場前にて受付
②管理竹林を2つの区画に分け、それぞれが1グループとなり
筍堀りを体験していただきました。(午前中、時間帯を分けて実施)
③各グループ毎に事務局より、筍はそのままでは毎年収穫できないこと、
毎年収穫するために実際にはどのような管理(作業)を行ってきたのか、
また今回の作業の流れ、留意点などについて等の説明。
④グループ毎に班分け、各班長について竹林入口から管理竹林へ移動
⑤各班毎に竹林内の所定の場所に移動、タケノコ掘りを開始。
⑥収穫作業に当たっての細かい指導と安全面での注意などは
各班班長および補佐(班長以外会員)にて実施。
⑦収穫したタケノコは一旦大きさ順に並べ、大小を概ね揃え
参加者数分の組み合わせにします。
⑧公平を期すため、ジャンケンで勝った方より、より大きい順に
持ち帰りの筍を選ぶことができます。熱い戦いが繰り広げられました!
⑨タケノコをそのまま持ち帰る方はその場で解散となりました。

⑩湯がきを希望される方はゆうゆうプールへ移動し、湯がきの待ち時間を
極力短くするため、湯がき完了分と交換後解散。

尚、当日は掘りたて、ゆで立ての筍の素材感を満喫できるよう
会員の奥様より新鮮な山椒の入った特性味噌を差し入れ頂きました。
ご相伴にあづかった皆様それぞれが、一言では表せない繊細で
素晴らしい香りと美味を堪能されておりました。
(数量に限りがありましたので、食べられなかった方はご容赦ください)

また、例年のことではありますが、当イベントにご理解をいただき
諸般のご許可を頂きました宗像ユリックス、また大釜や防熱パネルをはじめ
今般のイベント用に様々な道具類等を心よく貸出して頂きました会員の方々、
皆様、本当にありがとうございました。

これまでのご準備また後片付け、本当にお疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です